BLOG-01 お知らせ

眠れない…寝てもすぐに起きてしまう…

眠れない…寝てもすぐに起きてしまう…

2020.6.6 患者様からの質問

患者様から「眠れない、寝てもすぐ起きてしまって、夜が辛い」

と、聞くことが多いです。

 

<不眠の症状>

 

眠れない(入眠困難)

寝ても途中で起きる(中途覚醒)

朝早く起きる(早期覚醒)

寝ているのに疲れがとれない(睡眠の質)

 

この様な睡眠で悩まれている方に、まず取り組んでほしいこと。

 

*日中に体を動かして、体を疲れさせましょう。

→睡眠は体を休めるための行為です。体が疲れていない場合、休むモードに入らないときがあります。

動かしましょう!

 

*寝る前に温かい飲み物を。

→ご自身で自覚していない<冷え>により、眠れない場合もあります。体の中を温めましょう!

 

*寝る前のスマホはダメ!

→寝る直前までスマホで色々な情報を見ると、頭が冴てきます。逆効果。

 

*体が火照っているのなら、足先から熱を逃がしましょう。

→冷えは良くありませんが、<火照りすぎ>も良くありません。冷えない程度に熱を逃がしてあげましょう。

足先を少しだけ出すのがおすすめ。

 

そして、最も大事なことは

 

*早く寝ないと!!と思はないこと。

→焦りがストレスになり、自律神経が乱れます。交感神経が緊張すると、

寝れない、途中で起きる、寝てもすっきりしない、こんな状態に。

 

眠りでお困りの方は、自律神経の乱れが原因の場合が多いです。

 

心配事が多いこの頃。

自律神経も乱れがち。

自律神経の調整は鍼灸の得意分野。

 

質の良い眠りを得るためにも自律神経の調整をしましょう。