BLOG-01 お知らせ

鍼は怖くない

鍼は怖くない

2019.10.22 東洋医学

鍼って怖い…と思われて鍼灸を敬遠される方が多くいらっしゃいます。

私もそうでした。

 

注射の痛みを想像する方は

肩こり、腰痛に鍼は効果あると聞いていても…

美容鍼に興味があるけれど、体に鍼を刺すのに抵抗があるのに顔なんてありえない…

絶対痛いはず!

 

病院と違い、レントゲン、超音波や血液検査など、患者様が経過、結果を目で確認できないことも怖い、信用できない、不安と思ってしまう原因かと思います。

 

ご不安をなくしていただくために鍼と鍼灸師についてご説明させていただきます。

 

【太さ】

鍼灸の鍼 0.14~0.34㎜

注射針  0.4~1.6㎜

鍼灸の鍼の太さは注射針の3分の1です。

【先端の形】

鍼灸の鍼 皮膚や筋の間をかき分けて入りやすくするため丸い形

注射針  皮膚や血管を破るためナイフの様な形

 

太さ、先端の形からも注射針のような痛みがないことはご想像できると思います。

 

鍼灸師

鍼灸師は国家資格者です。

一年に一度の国家試験に向けて、大学や専門学校で最低3年から4年の勉強を致しております。

解剖学・生理学などの西洋医学と経穴・東洋医学概論など東洋医学の両面を学んでおります。

神経、骨、筋肉、気の流れ、ツボ…を学んでおりますので、どうぞご安心なさって鍼灸院にご来院下さい。

 

鍼は怖くありませんので。